読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口座振替でOCNモバイルONEにMNP(1) OCNモバイルONEを選んだ理由

OCNモバイルONE

auからOCNモバイルONEに口座振替MNPした時の流れを詳しく記録。
今回は主にMVNOというかOCNモバイルONEの布教活動のような内容になってしまったので、まあ布教されたい人だけ読んで下さい。
2016年1月時点の情報です。

OCNモバイルONE に MNP した時のことを書いた 記事の一覧 はこちら

布教活動

スマホの維持費ってほんと高くないですか。OCNの回し者とかではないんですけど、ちょっと布教活動をさせて下さい。
auと契約していた時は月に¥5906かかっていました。1年だと¥70872です。
OCNモバイルONEに移ってからは月に¥1730と大分安くなりました。1年ほど使っていますが特に困ることもないし、もっと早くにMNPすれば良かったなと思います。

f:id:nekozeuniverse:20170223061235j:plain

MNPするなら早い方が良い

MNPにはお金がかかります。特に更新月以外だと高額な違約金が発生しますから、更新月以外では転出する気がない方もいるかもしれません。

でもMVNOは基本的に月額料金が安いですし、3月4月は月額料金などが安くなるキャンペーンを開催しているMVNO業者が多い です。だから 違約金分は案外すぐに取り戻せてしまいます

OCNモバイルONEの場合は 利用開始月の料金が無料 ですし、2017/4/30まで 月額料金が2カ月間¥756安くなる キャンペーンもやっています。

service.ocn.ne.jp

また、au加入11年目以降の人は、違約金が¥10260ではなく¥3240になる ので、
新月を待たずにMNPしてしまうのも良いかもしれませんよ。

auご加入年数11年目以降で「誰でも割」と「家族割 (または「法人割」)」をセットでご加入の場合、契約解除料は3,000円となります。
https://www.au.com/mobile/charge/charge-discount/daredemo-wari/

 

安くなるとは分かっていても、MVNOに変えるのって何となくハードルが高いですよね。私自身そうでした。MVNOってよく分からないし面倒だしと二の足を踏みまくり、実際にMNPするまでずいぶん時間がかかってしまいました。

 

MVNOのハードル

MVNOに変えたいけどでもな…と二の足を踏む理由となったのは私の場合以下の3つ。
 ・ 大手キャリアと同じように使えるか心配
 ・ どのMVNO業者を選べばいいのか分からない
 ・できればクレジットカードは使いたくない

MVNOに変えるにあたりネットで仕入れた知識と、OCNモバイルONEを約1年使ってみての経験から私の考えを書いておきます。 

大手キャリアと同じように使えるか心配

 ⇒まったく同じようにとはいかない

■  通話料が高い
電話する機会が多い人は、家族割やかけ放題プランがある大手キャリアの方が良いと思います。

■ キャリアメールが使えない
@ezweb.ne.jpなどのキャリアメールが使えなくなるので、GmailYahoo!メールなどに移行する必要があります。

■ 通信速度が遅い時がある
お昼などの利用者が多い時間帯は通信速度が遅くなりがち。遅いのは耐えられない!という人はWi-Fiを使うか、Wi-Fi環境がなければ大手キャリアを使うのが良いです。

■ 対面でサポートしてくれる実店舗がない(少ない)
電話でのサポートがあったりもしますが、基本的には分からないことがある時に自分で調べて対処できる人向け。

MVNOは上記のように安いなりの不都合もありますが、それでも大丈夫という人なら変えてみる価値があると思います。


どのMVNO業者を選べばいいのか分からない

MVNOの何を重視したいかを決める。

 今使っているスマホを使いたい場合は、少し選択肢を狭められます。
 docomoスマホdocomo系のMVNO (OCNモバイルONE、楽天モバイルなど)
 auスマホau系のMVNO (mineo、UQ mobileなど)
 softbankスマホsoftbank系のMVNO(日本通信から2017/3/22に開始されるらしい)

SIMフリースマホに買い替えるという場合は、困ったことに選び放題です。
月額料金か、通信速度か、あるいは実店舗の有無かなど、重視したいポイント を決めます。それが決まればいろんなMVNO業者を比較してくれているサイトがいくつもありますので、それを見ながら自分に合ったものを選びます。

 

できればクレジットカードは使いたくない

 ⇒口座振替で契約できるMVNO業者はわずかだけどある。

MVNOはどこもクレジットカードが必須だと思っていたんですが、ダメ元で調べてみると口座振替に対応している業者もわずかながらありました。

 

OCNモバイルONEを選んだ理由

私がOCNモバイルONEを選んだのは口座振替で契約できる」「光モバイル割がある」という理由からです。

私がMVNOを選ぶ際に重視したのが「口座振替で契約できる」ことだったので、最初からかなり選択肢が絞られました。

とはいえその口座振替できるMVNO業者を探すのが少し面倒でした。基本的に公式サイトで説明されるのはクレジットカードでの契約方法で、口座振替での契約方法は大々的には書かれていないことが多い のです。だから実際に口座振替で契約した人たちのブログなんかを参考にMVNO業者を探しました。

今は口座振替に対応しているMVNO業者をまとめてくれているサイトがいくつもありますので、簡単に調べることができます。

MVNO 口座振替 blog」で検索してみた時に圧倒的に多かったのがOCNモバイルONEでした。OCN公式サイトに行ってみるとやはりクレジットカードでの契約方法の説明しかありませんでしたが、「よくあるご質問」のページに以下の記述がありました。

Q1. どのような支払い方法がありますか?

A1. OCN モバイル ONEをご契約される場合、お支払い方法はクレジットカードによるお支払いとさせていただいております。すでにOCNのご契約がある場合でも、本サービスのご利用料金は「クレジットカード払い」となります。(マイページから追加申込される場合を除きます。) クレジットカードをお持ちでないなどの理由から口座振替によるお支払いをご希望の場合は、「OCN モバイル ONE SIMカード情報入力」画面での登録は行わずに、以下のカスタマーズフロントへご連絡いただき、口座振替でのお支払い希望であることをお伝えください。

よくあるご質問(OCN モバイル ONE(音声対応SIM)) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

経験者の体験談も参考になりますが、公式でも口座振替で契約できると書かれていると安心。

OCNのサイトを見ていたら「光モバイル割」なるものがあることも分かりました。OCN光サービスとOCNモバイルONEの契約者の住所が同一の場合、OCNモバイルONEの 月額料金が¥216安くなる サービスです。

www.ntt.com

 

実際に口座振替で契約した人もいるみたいだし、公式の言質もあるし、ちょうど家の固定回線もOCNだし、もうここで良いでしょという感じでOCNモバイルONEにすることにしました。